規約




神奈川支部規約 -1985年-

第1条 本会は「日本野鳥の会神奈川支部」と称する
第2条 (事務所所在地)
第3条 本会は(財)日本野鳥の会の趣旨に基づき、野鳥を通じて自然に親しむと共に、その愛護を図ることを目的とする。
第4条 本会は、上記の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)神奈川支部報の発行。
 (2)探鳥会の開催。
 (3)講演会・展覧会・研修会等の開催。
 (4)目的達成のために必要なその他の事業。
第5条 本会の趣旨に賛同し、会費を前納した方をもって会員とする。
第6条 入会方法は別に定める
第7条 会費は年会費とし別に定める。
第8条 会員は、神奈川支部報の配布を受け、神奈川支部報に寄稿し、本会主催の各種行事に、優先的に参加できる。
第9条 本会の趣旨に反する行為をした者、本会の名誉を著しく傷つける行為をした
 者、又は会費を滞納した者は、役員会の決議により除名することができる。
第10条 本会に次の役員を置く。
 支部長  1名
 副支部長 1~2名
 幹事   20名以上
 監査役  2名以内
 顧問   若干名
第11条 支部長は本会を代表し、会務を総理する。
第12条 副支部長は支部長を補佐し、支部長事故の際は、その職務を代行する。
第13条 幹事は会の運営・活動の執行を行う。
第14条 監査役は会計及び会務の執行の監査を行う。
第15条 顧問は重要事項の諮問に応ずる。
第16条 役員の選出は役員会にて決定する。
第17条
 (1)役員は役員会を組織し、会の運営、活動の執行を決議する。
 (2)支部長は役員会を招集し、その議長を選定する。
第18条 役員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。
第19条 支部長は役員会の承認を得て、会の運営のために、組織規約・予算・指導普及 ・調査研究などの委員会を置くことができる。
第20条 必要に応じて、下部組織を設置することができる。
第21条 本会の経費は、会費・寄付金及びその他の収入で支弁する。
第22条 本会の会計年度は毎年1月1日から12月31日までとする。
第23条 予算は予算委員会が作成し、役員会の承認を得るものとする。
第24条 決算は、監査役の監査を経て、役員会の承認を得るものとする。
付則
 (1)本規約に規定のない事項は役員会の決議に従う。
 (2)本規約の改廃は、役員会の決議による。